よくある?異世界物語

looc

よくある?旅の振り返り7

ユウ視点

「えっと、まあ、それからは一箇月ずっと戦い続けていたって感じかな。もちろん、ある程度途中で休憩を挟んだりしてたけど、最後の方はもう、休めなかったかな。まあ、この間に雪と光たちが、この世界に召喚されて、って話になるね。」
「えっと、こちらは、私たちから説明しますね。えっと、ユウさんを見送った私たちは聖国に戻って急いで、召喚の儀式を執り行って無事にユキとヒカリたちを召喚することに成功しました。そして、一箇月で、戦う術を覚えてもらって、悪魔族との戦争の手伝いをしてもらいました。」
「強制とかは・・・」
「勿論していません。戦いたくない人には後方で支援してもらったりしていました。もちろん、それも強制なんてしていません。えっと、ただ、私たちの婚約者も戦っているって話をして、その婚約者の名前を言ったら、それからはみなさんがせめて自分にできることはやりたいと言って、みなさんが参加してくれたということはありますけど。」
「強制していないなら俺たちからは特にいうことはないな。悠はいい友達に恵まれたんだな。」
「うん、そうだね。大切な仲間だよ。さて、じゃあ、こっちの話に戻して・・・えっと、実はあまり時間の感覚がなくていまいちぴんとこないんだけど、まあ、戦い始めて一箇月たった頃に、将軍級っていう、他の悪魔族よりも強くて、何よりあっちの世界の人の攻撃が効かない悪魔族が三体現れて、まあ、意識も正直あやふやで、魔力もだいぶ減っていて、さらに、結構傷を負っている状態で、それでも、僕しか、対処できる人がいないから、かなりの無理をしたんだけど、それでも足りなくて、将軍級が、僕にとどめを刺そうとしたときに僕の目の前に氷の壁が現れて、僕を守ってくれたんだよね。」
「・・・なんか逆じゃないか?」
「それは言わないでください、お父さん。」
僕もそう思うけどさ。どちらかといえば、男が女を守るって感じの方がねぇ。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く