よくある?異世界物語

looc

よくある?両親のイチャイチャ

やべ、投稿忘れてた。すみません


ユウ視点

「えっと、とりあえず、話を戻すよ。えっと、どこまで話したっけ。」
「えっと、悠が、赤ちゃんになったってところまでだね。」
「あ、ありがとう、お父さん。えっと、そのあと、目が覚めたら知らない天井で・・・そういえば確かあのときは『知らない天井だ。』ってできなかったな。・・と、まあ、それはいいとして、まあ、エリアスのお屋敷に居たんだよね。」
「助けてもらったんだね。」
「うん、まあ、それで当分は体の回復に努めて居たんだけどさ、王城のパーティーに参加するのについていくことになってね。・・・今思えば、あれにも意味があったのかな。・・・うん、ありえるな。まあ、いまはいいか。えっと、それで、そこで、リーフェ・・・この子と出会って話をしていたら、なんか、騎士の一部が洗脳されていたらしくて襲われちゃって・・・まあ、エリアスとリーフェを守って戦ったんだけどね。戦いが終わった時には、体がまだ治りきっていないのに無茶したから、また意識を失っちゃって・・・。」
「女の子を守るのは偉いが・・・ちゃんと自分の体のことも考えないと・・。」
「うん、そうだね。」
「あら?優翔さんがいえるの?」
「お母さん、どういうこと?」
「えっとね、優翔さんも、色々と無茶をしてね・・・。」
「へえ、そうなんだ。」
「ええ、見ているこっちはいつもはらはらさせられて・・・そして、優翔さんの周りには女の子が集まってくるから、それにもまた・・・ね。」
「・・うっ!!い、いや、俺が好きな女は月華、お前だけだ。」
「優翔さん!!」
「月華!!」
「・・・この場合僕はどんな反応をすればいいの?」
なんかいきなり二人の世界に入っちゃったんだけど・・・。とりあえず、おさまるまで、どこか行くか。・・・そういえば、僕の部屋はどうなっているかな。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く