よくある?異世界物語

looc

よくある?電話

ユウ視点

「そういえば、まだ、お昼は食べていないのかしら?」
「ええ。」
「でしたら、食べて行きますか?」
「いいんですか?」
「ええ。もっと色々とお話を聞かせてね。」
「はい。わかりました。」
「ちょ!ちょっと!悠くん!!」
「ええ、わかりました。」
「ちょっと!雪たちまで!」
それから、光のことについてみんなでワイワイはなしてゆきました。光は恥ずかしいのか机に突っ伏してしまいました。耳まで真っ赤ですね。
「それで、キスはいつしたの?」
「えっと、再開してすぐですね。」
「あらあら」
「・・・いえ、抱きつかれて泣きつかれてそれで、漸く光の気持ちに気付いて、それに対する答えとしてしました。・・・クラスメイトみんなに見られてて恥ずかしかったです。」
「・・・あらあら、見たかったわねぇ。」
とその時、美湖さんの携帯が鳴った。
・・・なんでこんなに嫌な予感がするのだろうか。
「あら?ごめんね。電話に出るから、ここでまってて。」
「あ、はい。」
「・・・なんでこんなに嫌な予感がするんだろう。」
「あっ!悠くんも?」
「うん・・・なんか、一人・・・一柱の顔が頭に浮かぶんだけど・・・。」
「・・・ですね。」
そうして、電話が終わったらしい美湖さんは先ほどよりも笑みを浮かべながら帰ってきた。嫌な予感しかしない・・・。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く