よくある?異世界物語

looc

よくある?光の母との会話

ユウ視点

もの珍しそうなみんなと話しながら歩いて行き、光の家にたどり着きました。
「・・・よし、じゃあ、押すね。」
呼び鈴に指をゆっくりともってゆき、緊張した様子で光はそう言った。
「うん。いいよ。」
僕も覚悟を決めて、そう返事をしました。そして、呼び鈴は押されました。
『はーい・・・・・・光?!』
女の人の声が聞こえました。光のお母さんだ。そうして、数秒程してドアが開きました。
「光?!今までどこにいたの!?」
「うん、これから、説明するね。あと、みんなも一緒でいいかな?」
「みんなって・・・あなた、もしかして悠くん?」
「・・・はい、お久しぶりですね。美湖さん。」
「う、うそ、なんで・・・。」
「それも一緒に説明します。」
「・・・わかったわ。どうぞ。」
美湖さんに促されてリビングにやってきた。
「聴きたいことはたくさんあるのだけど、3ヶ月も家に帰らなかったの?そして、なんで、そのことに私は全く疑問を持っていなかったの?」
「うん、えっとね。嘘みたいな話なんだけどね。私たちは別の世界に行ってたのよ。」
「・・・うん、続けて。」
「なんでも世界の危機で、戦えるものが足りないから召喚したんだって。」
それから、光はさらに詳しい召喚理由とかを説明していた。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く