よくある?異世界物語

looc

よくある?自由な王

ユウ視点

「さあ、入るがいい。」
「あ、はい。」
王様に促されて、部屋に入りました。
「ふむ、そこに座るが良い。」
「あ、はい。」
「お主は確か、無制限で準優勝してたな、そして、そことそこのお嬢さんは魔術と武術で優勝しておったな。・・・それで、何の用なんじゃ?」
「あっ、覚えていらしてたんですね。まあ、今日はそれとは全く関係がないんですけど、結婚式の招待ですね。」
「ふうん、そういえば、そこの子はハルテイアの王女だったな。ってことは、ああ、そうか、そういえば、お主は英雄じゃったな。漸く思い出した。」
「ええ、まあ、そう言うわけで招待に来たんですよ。」
「いつじゃ?」
「はい?あ、はい、えっと、2ヶ月後くらいです。詳しい予定までは決まっていませんが。」
「よし、わかった。参加しよう。まあ、予定のすり合わせとかはあやつに任せれば良いじゃろ。」
「良いわけあるかーーーーー!!!」
「ベニグド、いたのか!」
「少し前からいましたよ!何勝手に話を進めているんですか!まあ、参加することには賛成しますが、まず、私に確認しろ!!」
「どうせ、参加するのじゃからいいじゃろ。」
「あんたのことだから、直前までつたえないだろうが!!そのせいで、私がどれだけ、苦労したと思ってるんだ!!」
た、大変ですね。同情します。えと、なんかすいません。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く