よくある?異世界物語

looc

よくある?無策

ユウ視点

「うーん、理論がわかっても、対抗策が浮かばない。・・・ってか、量子力学とか難しすぎるんだよな。」
「さあ、何かして見せろよ。」
・・・僕の権能はあっちの権能とどこが違うんだろう。・・・そりゃ、さっきまでのようなことは僕にはできないけどさ。だけど、逆に僕にしかできないことがあるんじゃないか?それは・・・ん?まてよ?僕の権能って別にミクロだけのものじゃないぞ?僕の権能はミクロにもマクロにも存在しているんだよね。あっちは、本来マクロではありえないものをマクロに適応しているものだから、そう考えれば、僕の方が権能を使いやすい。・・・だから、それがどうしたっていうんだろ。えっと、・・・だめだ、全然思い浮かばない。なら、逆にあっちの技に何かヒントはないか?量子化に関しては無理だな。コペンハーゲン解釈これはどうだ?運動量と位置を同時に測定できないんだっけ?うーん、無理。・・・なら、もう、量子力学は諦めるか。そうだ、マクロならどうだ?うーん、ああ、もうわからないな。でも、やるしかないよな。残念ながらこうすれば勝てるなんて方法は思いつかない。なら、あとはもうごり押ししかないね。先に神力が尽きた方の負け・・・こんな戦い方しかできないのはちょっと悔しいけど。でも、僕はやってみせる!
「おっ!?何か思いついたか?」
「いや、何も思いつかなかったから、諦めて、我慢比べをすることにしようって思ってね。」
「まあ、それもいいんじゃないか?まあ、負けるつもりはないがね。」
そこからは我慢比べでした。

「そろそろ、神力も尽きて来る頃じゃないか?」
「っつ、そ、そっちこそ。」
「まあ、そうだな。だから、最後にこれで終わらせる。」
な、なんかやばそうな気がする。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く