よくある?異世界物語

looc

よくある?氷剣の能力

雪視点

「ほう、その剣から凄まじい力を感じるねえ。たしか、さっきの試合のとき最後に使用していたものだね。」
「ええ、残念ながら、魔法による物質とは言えないものになってしまっているから、これで攻撃することはないけど、氷魔法を強めてくれるし、あとは、普通に魔法を切り裂くために使えるから、これを使うよ。」
「ほう、では、これはどうですか?」
足元から火柱が上がりました。私は一歩下がってそのまま剣を振りぬきました。すると、火柱は凍りつきました。
「・・・おおっ!すごいな。凍った炎なんて初めて見た。なるほど、おそらくその剣はどんなものであろうが、・・・違うね、どんな概念であろうが凍らせることができるって感じかな。」
「たぶん、それが正解ね。」
・・・だけど、例えば時間とかを凍らせようと思ったら、かなりの魔力を使いそうね。炎でも、だいぶ魔力を使ったから。気づかれないといいのだけど。まあ、バレないように頑張ろう。そう考えながら構築していた魔法を発動しました。私の頭の上に氷の槍が浮かび、そしてそれを発射しました。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く