よくある?異世界物語

looc

よくある?開会宣言

ユウ視点

闘技大会がはじまるまでは、まだ時間があったので、適当に屋台をひやかしながら、時間を潰していました。なんていうか、肉や魚の料理が多いなあ。まあ、たくさん体動かすからそっちの方が良さそうだもんね。そうして、そろそろ時間なので、会場に向かいました。
「うわあ、すごく広いな。」
多分札幌ドームくらいには広いんじゃないでしょうか。屋根はないので、雨が降ったらどうするんでしょうか?遠方からくるお客さんもいるだろうから、延期とかはしないと思いますけど、もしかして雨天決行なんでしょうか?それは大変そうですね。まあ、晴れていて良かったです。
会場の中心には参加者が集まっていたため、僕と雪とリアラちゃんは、一緒にそこへ向かいました。他のみんなは、先にわかれて観客席へと向かいました。当日でも席を取ることはできるんですね。そろそろ、エリアスやリーフェを助けた時にお礼の一つとしてもらったお金も尽きてきそうだから何か考えた方がいいんだろうな。まあ、冒険者とかでいいかな?まあ、今はいいか、まずは目の前の大会に集中しよう。そう考えていると、空に獅子の獣人の姿が映し出された。あの人はもしかして、獣王かな?
「獣王様より開会の宣言です。」
進行のかたがそういうと、
「うむ、さあ、これより闘技大会の開催だ。心踊る戦いを期待しているぞ。」
彼はそう言って、ニヤッと口角を上げました。周りからはウォーだとか、声が上がります。さあ、頑張りましょう。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く