よくある?異世界物語

looc

よくある?家庭科

ユウ視点

占術の授業を後にすると、次は、武術の授業を見にゆきました。
「あんまり人がいませんね。」
「まあ、魔法の学校だから、こっちは少ないんだろうね。ただ、要所要所に魔法を取り入れたものだから、使いこなせれば強いとは思うかな?」
「そうだね〜。あの人上手ですね〜。」
リアラちゃんは教師を示してそう言います。
「ああ、たしかに、あれは、相当強いな。」
そんなことを言っているとその教師が、振り向いてこっちにきた。
「見学者さん、あんたなかなか強いじゃねえか。ひとつ戦ってみないか?」
「僕ですか?すいません。体の調子がよろしくないので、また今度でお願いします。」
「おっ?そうか。わかった、なら、また今度頼む。」
「ええ、その時は。」
「よーし、ならば、そうと決まったら組手追加20本だ。」
「えっ?!ちょ、ちょっと待って、なんで俺たちまで!?やるなら自分だけで・・」
うーん、阿鼻叫喚って感じだね。頑張ってくれ皆さん。

次にやってきたのは、料理・・家庭科的なやつかな?みんなで、料理に参加することになりました。・・・自由だなこの学校。普通幾ら何でも、家庭科に参加するようなことはないんじゃないかな?いや、あるのか?まあ、いいか。えっと、作るのは、デコレーションケーキか。まあ、そう翻訳されているものなんだろうけど、めんどくさいから、デコレーションケーキでいいか。スポンジを焼いたり、するのはみんなに任せて、僕は、溶かしたチョコを用意し、水魔法で形を整え、僕たちの人形にしました。クリスマスケーキの上にのっている砂糖菓子のサンタみたいなものだね。いろんなチョコを使って色もきちんと表現してあったりする。料理に参加させてもらえなかった雪がデコレーションをしたその上にそれを、飾ってゆきました。生徒や、教師も唖然として僕たちの作ったケーキを見ていました。雪は盛り付けとかは上手なんだよね。プロ顔負けの出来だね。味もみんなが作ったんだし最高のものに仕上がっているんだろうな。実食を楽しみにしている僕であった。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く