よくある?異世界物語

looc

よくある?真剣勝負

ユウ視点

飛んでくる4つの火の玉を見ながら、
「おっと、やるね。」
そう言いながら、少しだけ権能を用いてそれを消し飛ばす。しかし、それを予測していたのか足元から、岩が飛んできた。音を用いて破壊した。
「じゃあ、次は僕から行くよ。・・・さて、どうする?」
重力を大きくして動くのを難しくしました。しかし、彼は、その状態でも、魔法を使ってきました。・・・身体強化だね。
「まあ、それで、正解かな?だけど、それを使うんだったら、近接戦もできたら、良いんだけど、果たして、どうかな?」
彼は、腰につけた剣を抜き、僕に向かって走りながら斬りかかろうとしました。刃も何も潰していない普通の剣ですので、当たればまずいです。まあ、しかし・・・僕は光を操り地面の磁力を強くしました。・・・よかった、剣はちゃんと、鉄でできてた。
「なっ!」
突然剣が地面に縫い付けられた彼はバランスを崩して地面に倒れこみました。そして、起き上がろうとしましたが、それよりも前に僕は動き、頭に手をあてがいました。
「こんなところでいいかな?」
「はい、全く相手になりませんでしたね。」
「対応力とかも普通にあったから、このまま、鍛えれば強くなるんじゃないかな?」
「そうなんですか?頑張ります。」
「うん、がんばれ。さて、じゃあ、次。」
こうして僕はほかの生徒とも戦っていった。みんな魔法に関してはうまいなあって思った。流石だね。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く