よくある?異世界物語

looc

よくある?歓声

ユウ視点

「邪魔してしまって悪いとは思うのだが、いつまでも見ているわけにもいかんのでな。まずは、助けていただき感謝する。国民を代表して、礼を言わせてもらう。」
「あっ、いえ、こちらこそ、気づかずにすいません。えっと・・」
「おっと、まだ名乗っていなかったですか、私は、グリフィス・ゲー・トリシアと申します。この国の長を務めさせていただいております。」
「あっ、どうも、えっと僕たちは、」
「いえ、そちらの自己紹介はしていただかなくて結構です。悪魔族との戦い、そして、今回の悪魔族らしきものどもとの戦いと、私たちを救っていただき、深く礼を申し上げます。」
「はい、気持ちはしっかりと受けとりました。ところで、なんでこんな状態になったのかは、わかりますか?」
「おそらく、いえ、ほぼ間違いなく、世界の柱を狙ってのことだとは思います。世界の柱が失われれば、この世界も崩壊しますから。しかし、倒されたはずの魔王まで現れたことに関しての理由はわからないです。」
「そうなんですか、・・・今度ルクスさんに聞いてみるか。」
「さて、ではそろそろ、『聴け、我が同胞よ、英雄ユウ殿とその婚約者の皆さんのお力により、今戦いは終わった!今日は戦いで散った友のために盃を交わそうではないか。』」
そう言うと、エルフのみなさんからワーッと、歓声があがった。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く