よくある?異世界物語

looc

よくある?木龍との戦い

ユウ視点

地面から現れた骨の龍は、僕に対し、植物の蔓を伸ばしてきました。なるほど木属性なのか。なら、燃やそう。日光を収束し、相手に集めました。相手はかなり大きいから、空気の振動による発火は少し疲れそうだし、こうやって何箇所か燃やしていけばいいでしょう。多分。相手は、慌てて僕に向かって蔓を伸ばしてきますが、そのそばから燃やしてしまいます。
「うーん、やっぱり僕の権能は、魔法に比べてまどろっこしいものも多いなあ。魔法が使えれば楽なのに。」
僕はついついそう愚痴りました。
「うーん、あまり危ないこともしたくないんだけど仕方ないか。雪しっかりつかまっててね。」
「えっ?!あ、う、うん。」
僕がそう言うと雪は僕に抱きついてきました。柔らかい感触に幸せな気分になりつつも、僕は空中で一度大きく翼を羽ばたかせると、相手に向かって高速で飛んでいった。心なしか雪の僕をつかむ手の強さが強くなった気がする。そして、龍に触れ、骨に強い振動を加えた。振動により、龍はバラバラになった。そして動き出すことはなかった。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く