よくある?異世界物語

looc

よくある?炎の悪魔との戦い1

ユウ視点

炎の悪魔族らしきものをどうするか考えていると、
「悠、まかせて。」
雪がそう言ってきました。他のみんなもその気持ちのようです。
「わかった、そっちはまかせたよ。」
「頑張ってね。」
「そちらこそ。」
僕は、火を消すために、分子の振動を操作し温度を下げてゆきました。って、次から次へと火の手が上がるから、それ以外に意識を割いている余裕がない。まあ、みんなのことを信じておこ・・・またか。そんな感じで、火を抑えていました。

光視点

他のみんなに比べて、火に対する相性が、それほど良くないので、私は、悠君のそばで悠君に敵が近づかないようにしていました。熱量操作は、かなり強いんですけど、その代わり、近くでしか使えないんですよね。悠君みたいに、あんなに遠くにある炎を消すことはできない。それでも、近くに来るならば、それで十分。悠君には指一本触れさせないよ。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く