よくある?異世界物語

looc

よくある?神秘的な森

ユウ視点

トル爺のくれた地図を頼りに森国に向かいました。多分、この森の中だよね。
「・・・なんていうか、すごいなあ。」
森を見て出た感想がそれでした。
「ここは、うん。悠、ト○ロ探そう?絶対いるよ、ここ。」
「落ち着いて、雪。流石にトト○はいないから、来た目的を忘れないでね。・・・えっと、こ○まを探しに来たんだったっけ?」
「悠君まで?!落ち着いて、ここは、スタジオジ○リとは、全く関係がないから。」
「冗談だよ。さて、しかし、森国は、一体どこにあるんだ?多分この森の中なんだろうけど、道は見あたらないし、適当に歩いたら、遭難するよ?まあ、転移すればいいだけだけど。」
「流石に何日も彷徨うみたいなことは嫌ですね。」
「何かいい方法ないかな?って、単純に音とか、魔力とかで探ればいいのか。」
そうして探してみると案外近くに反応があった。
「思った以上に近くにあったね。まあ、他国との交流もあるし、全ての街が森の奥深くにあるわけがないよね。ただ、首都は、森の奥深くにあるって本に書いてあったな。他の街については、書かれていなかったからわからなかったけど、首都に関してはそうなのだろう。だれか案内人でも雇おうかな?

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く