よくある?異世界物語

looc

よくある?親衛隊の侵食

ユウ視点

「ふむ、結婚式の招待じゃな。正式に日程が決まったら、また来てくれ。」
「はい、わかりました。では、そろそろ行きますね。」
「うむ、まずは、参加者を決めなくてはな。流石にこの国の中枢の5割がいなくなっては困るし、そんなに参加させることもできないだろうしの。」
「・・・あの、すいません、5割ですか?」
「聞こえておったか。うむ、その通りじゃ。最近其方の親衛隊とやらが・・・」
「あっ、はい、わかりました。・・・どこまで広めるつもりなんだ?」
「宰相と話し合わなければならんから失礼するぞ。」
「お願いします。」
そうして、皇帝陛下は去って行った。僕も、転移して、立ち去った。
「さて、次は商国だね。一回も行ったことないけど、どんな国なんだろうね。」
本でだいたいの場所は知っているので、そちらに向かって転移を繰り返した。そしてたどり着いたのは、商国の首都ディテシア。首都の名前がそのまま国名のようだ。紛らわしいこともあるんじゃないのかな?

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く