よくある?異世界物語

looc

よくある?料理教室sideユウ

ユウ視点

みんなの料理が終わるのを待っていると、みんなが料理を持ってやって来ました。
「できましたよ〜。」
リアラちゃんがそう言ってきます。みんなは料理を机に並べてゆきます。僕とルクスさんは、席について待っていました。そして並べられていく料理を見ていると、見た目にも美しい料理が並べられていき・・・まあ、一品ほど焦げている卵焼きがあるけど、頑張ったんだろうなって思えるし、美味しければ問題ないよね。
「・・・さて、じゃあ食べようか。」
ルクスさんはそう言いそして続けて、
「いただきます」
と言いました。久しぶりに聞いたその言葉に思わずそちらを見ました。
「・・・普段は何も言わないで食べ始めるんだけどね。昨日のように。とはいえ、何か言おうかなと思って昨日調べたんだよ。」
「なんでわざわざ、この世界のじゃダメなの?」
「特に理由はなくなんとなくだよ。」
「・・・」
とりあえず、雪と光以外には説明しなきゃわからないよね。ということで説明しておいた。
「じゃあ、改めて、いただきます。」
『いただきます』
そうしてご飯を食べ始めた。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く