よくある?異世界物語

looc

よくある?料理の勉強

ユウ視点

挨拶も終わったので、食事をはじめた。一口口にいれると、あまりの美味しさに
「美味しい」
と思わず声が出た。
「そう?良かったわ。気に入ってくれて。」
と、リリアさんが言った。
「あっ、リリアさんが作ったんですか?」
「ええ、そうよ。」
「「「「「あ、あの、料理教えてください。」」」」」
雪、光、エリアス、リーフェ、サナさんが同時にそう言った。
「ええ、時間が空いているときなら良いわよ。リアラはどうする?」
「お願い。」
「わかったわ、じゃあ、明日の午後6時くらいに来てくれるかしら?大丈夫なら、わたしが呼ぶわ。」
「はい、わかりました。大丈夫です。」
「じゃあ、明日の午後6時、予定空けておいてね。」
「「「「「「はい!」」」」」」
こうして、みんなのお料理教室が決まった。僕は行かないほうが良いよね。さてさて何をしようかな?
「なら、お前の体を調整してやろうか?」
ルクスさんがそう言ってきた。
「どういうことですか?」
「まあ、魂が体に馴染むのがはやくなるはずだ。」
「では、よろしくお願いします。」
「ああ、任せておけ。」
僕の予定も決まりました。
「・・・ところではやく戦いたいって理由なんじゃ。」
「・・・」
ルクスさんは答えなかった。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く