よくある?異世界物語

looc

よくある?ルクスさんへの挨拶

ユウ視点

「さて、じゃあ、今日はルクスさんのところへ行ってくるよ。みんなはどうする?」
「もちろんついていくよ。ね。」
みんなも同じ気持ちのようだ。
「よし、じゃあ、行こうか。・・・はあ、気が重いなあ。」
「頑張れ、悠。」
「さて、じゃあ、行きますか。」
と言った瞬間に足元に魔法陣が現れた。・・・見られていたのか。そして、僕たちは、ルクスさんの前にやって来た。

「さて、よく来たね、神堂悠くん。」
「・・・はい、ルクスさんに大切な話があります。娘さん、リアラちゃんとの交際を認めてください。」
「・・・まあ、本人同士が望んでいるなら、構わないけどね。ただ、きちんと守ることと、幸せにすることを約束しろ。」
「もちろんです。お義父さん。」
「俺からはこんなところだな。・・・そうだな、ある程度動けるようになったら、戦おうじゃないか。」
「・・・わかりました。胸を借りる気持ちで挑ませていただきます。」
「はやく戦いたいものだな。」
とりあえず挨拶は無事に終わったかな?
「しかし、随分とあっさり認めてくださりましたね。」
「まあ、こういうことは、今までに何回もあったからな。お前のこともわかっているつもりだしな。」
そう言われた僕はとても嬉しくなった。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く