よくある?異世界物語

looc

よくある?窒息

ユウ視点

朝、息が苦しくて目が覚めました。サナさんの胸に顔をうずめているようですが僕の頭ががっちり固定されており動くことができません。しかもこれは、わざとやっているとかそういうわけでもなく、眠っている間に無意識にやったことなのであろう。昨日に比べて、力が強く、抜け出すどころか、動くことすらままなりません。さてさて、一体どうしたものか。いや、本当にどうしよう、窒息する。サナさんは全然起きないし。本当にどうしよう・・・仕方がないか。僕は、空気分子の振動を緩やかにすることで、冷たい空気をサナさんの首元で創りだした。
「ひゃっ!な、なに?」
僕は、その声を聞くと、サナさんの腕をタップしました。
「あ、ああ、だ、大丈夫ですか?ユウくん。」
「ぷはっ、ぎ、ギリギリだけど。死ぬかと思った。」
「ごめんなさい。」
「ま、まあ、態とって訳じゃないんでしょ?なら、いいよ。さあ、お風呂行こう?」
「・・そうですね。」
という訳で、一緒に入浴してから、朝ごはんに向かいました。・・・頑張ってね、サナさん。いつものようにサナさんは、他のみんなにさらわれていきました。僕は、朝食の準備は全て終わっていたので、みんなが帰ってくるのを待ってから、みんなでご飯を食べました。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く