よくある?異世界物語

looc

よくある?サナとの夜

ユウ視点

さて、今日はサナさんのようですね。彼女は、みんなの中でも、最も大きなものを持っています。まあ、当然緊張するわけで、ゆっくり、手を近づけていると、不意に、目の前が真っ暗に、いや、サナさんの肌の色になった。まあ、つまりは、サナさんが僕を抱き寄せて、僕はサナさんの胸に顔をうずめているって状態ですね。僕は顔を赤くしましたが、息遣いや、心音が聞こえ、安心して、もう少しだけこのままでいました。
・・・そろそろ、抜け出そうとしましたが、思いのほか力が強く、いや、僕の力が弱く、抜け出すことはできませんでした。サナさんも、そんな僕の思いも気づいているのでしょう。さらに、強く、抱きついてきました。じたばたしてなんとか抜け出しました。まあ、本当に抜け出せないようにされたら、抜け出すことなんてできないんですけどね。
まあ、このあとは、ある程度緊張もほぐれたので丁寧に体を洗ってゆき、流して、そしてお湯に浸かり、あがりました。
そのあとは、サナさんと一緒に部屋に戻り、沢山サナさんに甘えました。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く