よくある?異世界物語

looc

よくある?名探偵ばりの事件遭遇率

ユウ視点

「ふう、まあ、こんなところかな?」
僕は、雪たちに出会うまでの、冒険譚を語り終えました。
「・・・悠、事件に巻き込まれすぎじゃない?」
「頭脳は大人な名探偵よりは、巻き込まれてないから・・・」
「いや、十分多いとは思うけど・・・」
「それは否定しないけど。」
「ふふふ」
「あはは」
雪とそんなことを言い合って笑い合った。
ひとしきり笑った後、
「そろそろお昼にしますか?」
と、サナさんに聞かれた。
「んっ?あれ?もうそんな時間なの?じゃあ、お昼の準備を・・」
「いえ、エリアスとリーフェが、ユウくんが話している間に準備してくれましたよ。」
「そうなんだ、じゃあ、行こうか。」
みんなでお昼ご飯です。ん?お昼ご飯?うっ、お腹が・・・。・・・嘘だよ。念のため、食材は全て鑑定しておいたからね。危険なものがなかったから、大丈夫なはずだし。あと、エリアスもリーフェも料理は上手だしね。なんの不安もなく食事に向かいました。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く