よくある?異世界物語

looc

よくある?僕の冒険譚

ユウ視点

ご飯を食べ終わってから、僕は恨むような視線を感じていましたが、気づいていないふりを続けました。
「さ、さて、じゃあ今日は何をしようかな?」
強引に話を変えることにしました。なんか最近毎日こんなこと言っているような気がするけど。
「ユウなんか最近同じことばかり言ってない?」
「うーん、今まで色々あったから、こういう何もない日々に違和感を覚えて・・・」
「あはは、なんというか・・・」
「いいことなのか、悪いことなのか。」
エリアスも雪も呆れ気味です。
「それでしたら、ユウくんの口から、どんな冒険をしてきたのか話してくれませんか?」
「ん?まあ、いいけど、そうだな、何から話そうか、うん、えっと、地球で死んだと思ったら・・・」
僕は、僕の冒険譚を話し始めました。話しているうちにこんなこともあったなあ、とか、忙しすぎだろ、僕。とか、思いました。雪も、光も、楽しそうに、僕が死にそうになったところでは、悲しそうに聞いていて、話をするこちらとしては、話しやすかった。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く