よくある?異世界物語

looc

よくある?食中り

ユウ視点

・・・恐ろしい。まさか、後から僕の体を蝕んでくるとは。本当に恐ろしい栗ご飯?だった。お昼ご飯を食べ終わって、少し休もうかなと思ったときにお腹が痛くなって吐血までするとは。夕ご飯の時間まで苦しむことになるとは。サナさんに、回復魔法をかけてもらえなかったら、治るのがいつになったことか。変だなぁ、雪は料理はあまり上手ではないとはいえ、殺人的なものを作り出してはいなかったと思うんだけどなあ。そう思ったので、栗っぽいのをよく鑑定してみると、かなり微弱ながらも毒性があるらしい。病人や子供に食べさせてはいけないらしい。ものすごく弱っている僕には危険物だったようだ。他の食材も、きちんと鑑定して、危険物がないことを確かめた。ていうか、この世界の栗は、トゲと毒に守られているのか。
「え、えっと、悠大丈夫?」
雪がおずおずと尋ねてきた。
「うん、もう大丈夫だよ。どうやら、栗みたいなやつには、毒性があるらしいね。」
「えっ?そうなの?」
「うん、弱っている人には与えちゃいけないらしい。」
「そっか。他の食材には?」
「入ってなかったよ。栗も、よく火を通せば大丈夫らしい。少し、火の通りが甘かったようだね。ところで、夕ご飯は?」
「そろそろできるよ。食べれる?」
「うん、大丈夫、ただ、肩を貸してくれるかな?」
「いいよ。じゃあいこう。」
僕は雪に肩を借りながら、夕ご飯を食べに行きました。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く