よくある?異世界物語

looc

よくある?雪との混浴

ユウ視点

しばらくの間、雪をぎゅっとしていた。僕は名残惜しいが、ぎゅっとしていた、腕を背中から離して、起き上がろうとしました。ですが、右手に抱きつかれたままのことを思い出し、もう一度、雪にキスをしてから、
「さっ、起きて、着替え・・いや、先にお風呂入りに行こうか。」
「うん」
僕はベッドの横に脱ぎ捨ててあった、浴衣をとると、雪に羽織らせた。そして僕も、浴衣を着て雪も着たのを確認し、二人連れだって温泉に向かった。少し歩くのが辛そうだったので、お姫様抱っこをして向かった。

僕は今、雪と二人で温泉に浸かっている。雪は、脚を開いて座っている僕の脚の間に座って僕によしかかっている。そして僕はその雪をぎゅっと抱きしめている。さて、状況描写はこれくらいにして、心情描写に移りましょう。雪が愛おしいほどに狂おしい。じゃなかった、狂おしいほどに愛おしい。なんなら愛おしいほどに愛おしい、と言ってもいいくらいだ。・・・僕は一体何を言っているのだろう。
「えへへ、悠?」
「ん、なに?」
「ずっと一緒だよ。」
「うん、今度、頑張って元の世界に行って、雪のお父さん、お母さん・・・いや、お義父さん、お義母さんにも、挨拶に行こうね。」
「うん。悠、大好き。」 
「僕もだよ。」
そう言って、キスをして、イチャイチャしていました。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く