よくある?異世界物語

looc

よくある?光の誓い

ユウ視点

僕は、ルクスさんが用意してくれた、体に入ろうと思ったのだが、
「そういえば、どうやればいいの?」
僕は思ったまま口にした。
「魔力の体を消して、そのまま、体に潜り込むだけだよ。」
「よく知っているね。」
「まあ、俺も昔似たようなことがあったからな。まあ、経緯は全然違うが。さあ、あんまり時間もないだろ。」
僕は、その言葉に、その通りだと思って、魔力体を解除した。その瞬間に、自分が少しずつ失われていくのが明確に感じ取れ、言いようのない恐怖におそわれた。幸いにも、非常に短い時間であったので、ほとんど、自我に影響はなかったのだが、それでも、大切な記憶を失ったらと思うと、それが恐ろしくてたまらない。新しい体で、僕はずっと震えていた。

光視点

震えている悠君に対し、ルクスさんは、
「大丈夫か?・・・ダメそうだな。少し席を外すから、こいつに寄り添ってやってくれ。」
そう言って、この場からいなくなりました。私は悠君に何をしてあげることができるのでしょうか。
私が一番近くにいたので、悠君を必死に抱きしめました。悠君を失わないように、悠君に失わせないかのように。そうしていると、他のみんなも来て、私たちを抱きしめて行きました。みんなで団子になっていると、徐々に悠君の震えは止まってゆきました。私たちで、悠君の心も体も、守ることを心にきめました。多分、それが私たちの役目であるはずだから。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く