よくある?異世界物語

looc

よくある?クラスメイトから見た彼についての話

ユウ視点

ルクスが謝ったこと対するクラスメイトの反応を見てみると、一年後まで帰れないことに悲しんでいるものもいた。気になったことがあったので、聞いておくか、
「あっちではどういう扱いになるの?」
「あちらの神に頼んで、君たちが戻るまでは違和感を覚えないようにしてもらっている。」
「それはそれで悲しいね。」
「すまんな。そういうわけで、納得できないかもしれんが、理解してもらいたい。」
「どう、みんな何か聞きたいことがある?」
「えーっと、では良いですか?私たちは、何かしなければいけないこととかはありますか?」
「いや、特にない。好きなように過ごしてくれ。ただし、人間として正しい生き方をしてくれ。他にはないか?」
「では質問なんですが、なんでそんなに悠に似ているんですか?」
「俺がそいつに似ているのではなく、そいつが俺に似ているんだが、簡単に言えば、俺の魂の一部がそいつの母親の胎内の赤子に宿って産まれたのがそいつだからだ。」
「へえ、やっぱ悠はすごいやつなんだな。」
「あれ?なんでそれほど驚いていないの?」
「「「だって悠(くん)だし」」」
「どういうことだ。」
「だって、ねえ、勉強もできるし、スポーツでも、部員といい勝負したりしてたし」
「あと、バレンタインのお返しにお菓子を作ってくれたけど、綺麗な飴細工だったよ。料理も多分上手だとおもう。」
「まあ、恋愛に関するところだけは、壊滅的だったけどな。」
「「「たしかに」」」
そりゃ、鈍感なのは、僕も認めるところだけどね、今はだいぶ改善したとおもうよ。
「あいつ、今は改善してるとか思ってるかもしれないけど、多分まだ、鈍感なままだとおもうぜ。筋金入りの鈍感だし。」
「「「「「わかる」」」」」
みんな、ひどい。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く