よくある?異世界物語

looc

よくある?召喚者たちの魔法練習

雪視点

「えーと、次は、魔法についてですね。では、場所を変えるのでついて来てください。」
という、サナちゃんにみんなでついて行く。心なしか、みんなのテンションが高い。まあ、これから魔法が使えるって考えたら、テンションが上がるもんね。

どうやら到着したみたいですね。
「この部屋は、結界が張ってあるので、ここで、魔法の練習をしてください。では、まず、魔法スキルを持っていた人は、こちらに集まってください。持っていない人は、そちらの騎士の方々に、身体強化を習ってください。」
そして、私たちは、言われた通りにわかれました。
「では、まず、最初は、魔力を感じ取ることからですね。心臓のあたりにあるのですが、それを探し出してください。まずは、それからです。見つけたら言ってくださいね。」
早速さがしてみる。・・・・・・・・・分からないなあ。
「サナちゃん、わかんないよ。なにか、いい方法はない?」
「え、ええと、そうですね、うーん、回復魔法かけてみましょうか?もしかしたら、何かわかるかもしれませんし。」
「じゃあ、お願い。」
「・・・・・・・・・てい。」
なにか、ぶつぶつ言ってたね。あれが、呪文ってものかな?さて、体の中を探って、ってあれ?なんかこの辺に違和感がある。もしかしてこれかな?
「たぶん、見つけました。ありがとうサナちゃん。」
「いえ、では、次はそれを動かしてみてください。」
サナちゃんは、そういうと、別の人の元へいき、回復魔法をかけていました。ううー、動かない。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く