よくある?異世界物語

looc

よくある?魔王軍の侵攻

「ところで、異世界人の召喚は、どのようにやるのですか?」
気になったので、聞いてみることにした。
「聖国に魔法陣が、あるのじゃ。そこに大量の魔力を注ぎ込めばいけるのじゃ。・・・無論、ルクス様が認めていなければ、いつまでたってもできないのじゃがな。」
「なるほど、では決まったことですし、さっそく行いましょう。それこそ、色々あるでしょうし。」
「じゃな。では、聖国に魔法士を派遣してもらいたいのじゃ。どれほどの魔力を要するかわからんのじゃからな。」
トル爺のその言葉に各国の王は自国に使いを出し、魔法士の派遣を決定した。
話も終わったので、そろそろ戻って出来るだけ鍛えておこうと思い始めた頃、一つの報告が入った。スフェイダ帝国に、悪魔族軍が攻めてきたと。会議場は、一気に混乱の渦に巻き込まれた。
「静かにしてください!僕が時間を稼ぎます。スフェイダの皇帝さん、魔法士以外の軍の派遣を、それ以外の代表者さんも、自国を守るように準備をしてください。あとは、はやめに異世界人召喚をお願いします。」
「わ、わかった。では、ユウ殿さっそく行きましょう、よろしく頼むぞ。」
スフェイダの皇帝さんが、そう言った。
「ユウ・・・」
「ユウさん、どうかご無事で。」
「ユウくん、私たちを悲しませないでくださいね。」
「お兄ちゃんこっちは気にしなくていいから。」
「わかってるよ。じゃあ行ってくる。」
そう言って、帝国に向かう扉に向かう。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • looc

    こっちでも投稿しなきゃいけないんですね。今まで気づかなくてすみません。まとめて公開しました。

    0
コメントを書く