よくある?異世界物語

looc

よくある?各国の反応

「では、はじめに・・・というより、このこと以外は話し合うことも特に無いと思うのであるが、皆さんも既に聞いているであろうが、どうやら、魔王が現れたようである。」
「トルブリア教皇殿、それは本当なんですか?」
どこかの国の代表がそう聞くと、他の人もこぞってトル爺に尋ねて、騒がしくなる。
「静まるのである。・・・で、実際のところどうなのであるか?」
「今話したとおりじゃ、この会議を開こうと思ったときは、可能性がある程度のものだったんじゃが、直前になって、ある理由から、魔王がいることが確定したのじゃ。」
「そのある理由とは、何であるか?」
「その前に、儂と一緒に来たものを紹介するの」
「では、ぼ・・私から、私はユウ シンドウ、異世界からの転移?転生?者です。」
「私は、エリアス・フォン・マギア、ハルテイア王国の貴族家の長女で、ユウの、婚約者です。」
「私は、リーフェ・シクロ・ハルテイア、ハルテイア王国の第三王女で、ユウさんの、婚約者です。」
「私は、サナ・プライア、聖女と呼ばれていて、ユウくんの婚約者です。」
「私は〜、リアラ・ディー・シグザール、お兄ちゃんの妹みたいなものだよ〜。」
「ふむ、なるほど、・・・ん?シグザール?どこかで聞いたことがあるような。」
「ルクス様の名前を言えるかのう。」
トル爺が言った。
「それはもちろんだが、ルクス・ディー・シグザール・・・ってまさか!」
「はい、ルクス様の御息女であるとのことですぞ。」
「なるほどつまり、そちら側からの情報ということだな。わかった。」
「いやまて、妹みたいなものとは、なんだ。」
「確かに、言われてみれば気になりますね。」
「えっと、あまり本筋とは関係ないので軽くだけ説明しますね。ルクスさんの魂の一部が、ちぎれて異世界にたどり着き、そして、その魂をもって生まれたのが、僕だということらしいです。魂だけなら、ぼくも、リアラも、兄妹みたいなものですから。」
「な、なるほどである、・・おほん、話を戻すのである。トルブリア教皇殿魔王についての情報を頼むのである。」
「はい、わかりましたですじゃ。」

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く