よくある?異世界物語

looc

よくある?神化理由

「と、とにかく、君のお父さんは、とても強いんだね。戦わないようにしよう。」
「世界が落ち着いたら、力を試すとか言って戦ったりするんじゃないかな〜?」
「有りそうだから困るよね。」
「ユウ、頑張れ!」
「頑張ってくださいユウさん。」
「多分、手加減はしてくれると思いますよ。それに私がしっかり治療しますから。」
「頑張れ〜お兄ちゃん。」
「みんなひとごとだと思って、ってお兄ちゃん?」
「ダメだった〜?」
「いや、別に駄目じゃないけど、なんで?」
「ほら〜、お兄ちゃんは〜、お父様から生まれたようなものだし〜、それで、私より先に生まれたから〜。」
「いや、遺伝子的には全く違うと思うんだけど。」
「ま〜、それはそうなんだけどね〜。ただ、神様は物質的なものよりも、非物質的なもの、つまり魂を重要視するからね〜。」
「そうなの?」
「位の高い神様ともなると、体をどうにかしても〜、魂をどうにかしなければ〜、いずれ復活するからね〜。まあ、上級神以上だから〜、今の私たちは〜、死んだら終わりだけどね〜。」
「あれ、でも、僕は地球で、一回死んで、体を再構成されたんだったよね。同じ方法を使えばいいんじゃないの?」
「残念ながら〜、私たち神族は〜、輪廻転生のシステムから〜、外れてしまっているから〜、そういうわけにはいかないんですよ〜。ちなみに〜、同じものを、何回も、蘇生させたら〜、いずれ、魂が擦り切れてしまいますから〜、せいぜい1回が限度でしょ〜。死ぬときに〜、がりがり魂が削れるんですよ〜。」
「てことは僕の魂も削れてるの?」
「そうですね〜、お兄ちゃんの場合〜、元々の魂が大きいので〜、ほとんど影響がないくらいかな〜。それに少しずつ回復してるし。あと、偶然にも、封印の一部にほころびが出来たんだろうってお父様が言ってたよ。」
ああ、それもあって、神化がはじまったのか。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く