よくある?異世界物語

looc

よくある?物語の初まり

前髪を揺らす風と新緑の匂いに目を覚ました。
「って、いやまて、なんでこんなところで寝てるんだよ、ってかここどこ?」

「とりあえず、一つずつ考えていこう、うん。
まず、僕は誰だ?・・・うん、これはわかる神堂悠しんどうゆう、高1男子だね。
次は〜、ここはどこか?草原かな?近くに森もあるけど、いや、本当にどこだ?こんなに道もない草原が広がっているなんて場所日本にあるのか?あ〜、もうわからん、
次っ、なぜここにいるのか?寝ているときに誰かに運ばれてきたとか?いや、そんな意味のわからんドッキリ仕掛ける友だちいないし・・・となると僕がわざわざここに来てここで寝たとか?いや、なんで僕が知らないところに来て寝るんだよ意味わからん、いや、まさかライトノベルなんかでおなじみのあれってことはないでしょう、ない・・よね。
・・・あはは、いや異世界なんてありえないよね、だってこういう主人公は、交通事故とかでなくなっ・・・っつ、あ、あれ、じゃあなんだこの記憶は、まるで、僕がトラックに轢かれたようじゃないか。」

こんな確認をしなくても僕は気づいていたのだろう、認めたくなかっただけで。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • うぇーい乁( ˙ω˙ 乁)

    おぉ、哀れな子よ!……

    0
  • かっ飛ぶな しめじ

    短っっっ!

    0
コメントを書く