よくある?異世界物語

looc

よくある?転生?

深く暗い水の底から、浮かび上がるような感覚とともに、ぼくの意識も戻ってきた。え〜っとぼくの名前はユウ シンドウ、えっとたしか、馬車に乗っているときに体に激痛が走って、とそこまで考えたところでぼくの思考は、ぼくの体が大丈夫なのかというところにたどり着いた。あんなに痛かったからね。
そうして、ぼくは目を開き、動かしづらい首をなんとか動かし、下を見た。そして、目をつぶった。いやいや、待て待て。しかし、いつまでも現実から目を背けることはできないのでもう一度目を開き見た。
うん、今の状態を簡単に説明するなら、『目を覚ますと体が縮んでしまっていた』だな。うん、ネタにはしってる場合じゃないのはわかっているんだけどね。
しかも、どう見ても赤ちゃんじゃないですか。まさか、転生ですか?とか、考えていた。
すると、部屋の外から足音が聞こえた。今更ながらいうが、ここは、豪華な知らない部屋だ。はっ、知らない天井だっていうの忘れてた。いやいや、そんな場合じゃないってやっぱぼく、混乱しているな。そうこう考えているうちに、部屋のドアが開いた。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • 小説書いてみたいけど内容が浮かばない人

    コ〇ン(◜௰◝)

    0
コメントを書く