よくある?異世界物語

looc

よくある?診察結果

ユウの体を調べるために、回復魔法の系統に入る体内探査の魔法を使用しました。これにより、彼の体の状態がわかってきました。
「これは、ひどい」
わたしは、思わずそう呟いていました。彼の体は、まるで何か大きくて、速さのあるものにぶつかったかのように、骨が何本も折れて、内臓も、血管もズタズタという状態でした。
正直、何があったらこんなことになるのか見当がつきません。そして、よくこんな状態で、動けていましたねと思っていると、体の組織が本当に少しずつ回復していることに気づきました。時間がないので、いそいで調べると、どうやら外部から、回復魔法のようなものがかけられているようでした。おそらく普通に生活するぶんには、体に影響は無かったのでしょう。ですがわたしたちを助けるために動きすぎたために、回復できる以上のダメージが体に蓄積してしまったのでしょう。ボロボロの状態で、動き回って余計ボロボロにならないはずがありませんから。
わたしたちのためにこんなに無理をさせてしまったことに、罪悪感をおぼえました。
わたしの顔から、なにかを察したのか、お父様は、
「ユウ君がくるしんだのは、わたしたちを助けたためかな?そうだとしたら、彼がわたしたちを助けなければよかったんだなんて思っちゃいけないよ。彼の意志を尊重してあげてね。」
と言いました。その言葉にわたしは、ハッとさせられて、それからは、彼を救うために全力で行動しました。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く