よくある?異世界物語

looc

よくある?目覚め前

ユウの体の状態がわかりましたので、特に危険な部分から、回復魔法をかけていきました。しかし、騎士の方々にも回復魔法をかけていたため、わたしの魔力は、十分ではありませんでした。たとえ万全の状態だとしても、完治はとても無理であったでしょうが。それでも回復魔法をかけ続け、魔力切れでふらふらし、後少しでも魔力を使えば、気絶してしまうというとき、回復魔法を使おうとすると、突然彼の体が光はじめました。
「な、なにがおこっているんだ!」
と、お父様がいいました。途切れそうな意識を、必死に繋ぎ止めていると、光が消えました。そこを見るとユウの服を縮小したようなもの着た何処と無くユウの面影のある赤ちゃんがいました。
その赤ちゃんに対して、お父様が、人名鑑定のスキルを使用しました。これは、人の名前だけがわかるスキルです。それにより、その赤ちゃんがユウであるとわかりました。その顔が苦しんでいるようには見えなかったので、安心しました。すると、気が抜けたのか、わたしは、気絶してしまいました。目がさめると、もう邸についていました。わたしは、意識がはっきりすると居ても立っても居られなく、近くにいたメイドに、ユウがどこにいるかを訪ねいそいで、そこへむかいました。ユウのいる部屋につき、部屋に入ると、ベットに赤ちゃんとなったユウが寝ていました。気のせいかわたしが気絶する前よりも、ほんの少しだけ、大きくなっているようにおもわれました。彼の体を調べるために体内探査を使いました。すると、彼の体は、いたって健常なものでした。ですが、なぜいきなり赤ちゃんになったのでしょうか。そう、考え込んでいると、お父様がやってきました。
「よかった、目が覚めたんだね」
お父様は開口一番そう言いました。
「ええ、すっかり魔力も回復いたしました。」
わたしはそうこたえました。
「そうか、よかった。ところで、ユウ君の体の状態はどうだい?」
そう尋ねられたので、先ほど調べた結果、そしてなぜ赤ちゃんになってしまったのかを考えていることを話しました。。すると、お父様は、
「ふむ、この体になったのは、おそらくスキルの効果だろうね。体を守るために効果が発動したのだろう。とはいえ、回復系のスキルではないし、体を作り変えるスキルかな?無事な細胞だけで体を作ったのでは無いかな?」
そんな、お父様の考察を聞いて、言われてみればその通りかもしれない、あのときの彼の体の組織で無事なところを集めればこれくらいになるかもと、おもいました。
彼が大丈夫そうなので、彼に回復魔法をかけて、それが終わったら、普段通りの生活をしました。そうして3日がたちました。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く