よくある?異世界物語

looc

よくある?本音

立ち上がったエリアスはぼくのほうへ歩いて来ると、ぼくの椅子の後ろに立ち、そしてぼくを後ろからだきしめた。そして、ぼくの体をもちあげ、ぼくが座っていた椅子に座った。ぼくを抱っこしたままおこなったため、ぼくは今エリアスの太ももの上に座っている。そうして、また、後ろからだきしめられた。さらに、頭も撫ではじめた。一応15歳だから、恥ずかしい気持ちもあるが、その手を止めるつもりにはならなかった。そしてかのじょは、そのままの状態で、
「辛かったね。」「頑張ってきたんだね」
などなど言ってきた。エリアスの声は、若干涙声だ。そうこうされているうちに、ぼくの目も潤んできた。一度雫が溢れ出すと、もう、止めることはできなかった。そして、目から流れる液体とともに、心の奥にしまいこんでいた感情も一緒に溢れてきた。
「お父さん、お母さん、雪。まだ、一緒にいたかった。
なんで、ぼくは死んじゃったの?最後に雪を助けることができたから満足?そんなわけないだろ。まだ死にたくなかった。」
心の奥にしまいこんでいたものを吐き出すぼくを、エリアスはずっと優しく抱きしめていてくれた。この世界に来てから、ずっとしまってきた汚い感情が、次から次へと溢れ出てくる。暫くそうしているうちにいつのまにか、眠ってしまっていたようで、その日の話は、終わった。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く