よくある?異世界物語

looc

よくある?話の続き

なんとか許してもらえた伯爵が、食卓についた。そして、エリアスも座ったので、ようやく朝食だ。今日は卵料理か。相変わらず、ここの料理人さんは、いい腕をしている。
食べ終わると、伯爵は、
「二人とも、からかったりしてごめんね」
と、ぼくらに謝ってきた。どうやら、さっきのエリアスがよっぽど堪えたようだね。まぁ、許してもいいかな?
「わかりました、許します」
「次は、どうなるでしょうね・・・・・・・・・(ニコッ)」
エリアスが怖い。伯爵も震えてる。
どうやらこのあと、伯爵に時間があるようなので、昨日話せなかった、この世界に来てからのことを話すことにした。この世界に来て、まだそれほど経っていないことに驚くかなと思ったが、驚いていない。聞けば、自分の体の状態をわかっていなかったからとのこと。確かに、本気で動いたら、まずいってわかっていたら、覚悟してから動くよね。せめて倒れる前に、自分の体の状態について伝えるとか。そして話し終えると、伯爵は、
「なるほど、よくわかった。教えてくれてありがとう。最後に、差し支えなければ、ステータスを教えてくれないか?」
と言った。
「えぇ、いいですよ。そういえば、ステータスって誰かに見せることってできるんですか?」
「ああ、できるよ。頭の中でステータス開示と唱えれば他人にも見せることができる。さらに人の名前と姿を思い浮かべながらステータス開示と唱えればその人にだけ見えるようにすることもできる」
「なるほど。『ステータス開示、エリアス、トロイ伯爵』ではどうぞ」
ぼくのステータスを見て、二人は固まってしまった。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く