よくある?異世界物語

looc

閑話 非凡へのプロローグ

そんな生活の三日目、私に、電話がかかってきた。相手は、日野光、私の大親友だ、いつもの癖で、電話に出てしまった。彼女は、
『よかった、出た。・・・よし、雪、おばさんに、あなたが今どうしているか聞いたよ。あなたの気持ちもわかるけど、いつまでもそんなことしてて本当に良いとおもってんの?』
そう怒鳴りつけた。
『嘘だ。私の気持ちなんて、絶対に分かるわけない。知った様な口をきかないで』
私は思わずそう怒鳴りかえした。
『・・・わかるわよ。わたしも、、、だったから。』
『えっ』
『だから、私も彼のことが好きだったからわかるって言ってるの』
『えっ、あっ、えっ』
『そのことより、なんのために彼が死んだと思ってるの?あなたを助けるためでしょう。それなのに、あんたがそんなんで良いと思ってるの?』
その言葉に私は何も言えなくなった。
そんな私に、光は、
『もしも、彼の死を無駄にしたくないなら、明日は、一緒に学校に行きましょ?迎えに行くからね。じゃあ、また明日』
そう言って電話を切った。
私の頭の中で、さっきの光との会話がずっとぐるぐる巡っていた。そして私は、明日学校へ行くことに決めた。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く