よくある?異世界物語

looc

よくある?王女様との会話・・・よくあることではないね

ドアの向こうから、立派なヒゲを携えたおじさん、ぼくと同じくらいの歳であろう少女、18から20くらいの歳の青年、ぼくより少し若いくらいの少年が入ってきた。なるほど、あれが、王様、王子様、王女様か。王様は、とてもシュッとした身体をしており、おそらく、武術も結構できるんじゃないかな?
二人の王子様は、すらっとしているけど、筋肉は王様ほどついてないね。とても、真面目そうな方達だ。そして、王女様は〜ってあれ、どこにいるんだ?
「いましたわ。こんにちわ、エリアス。」
んっ?
そこにいたのは、王女様でした。
「こんにちわ、リーフェ、久しぶりね。元気でしたか?」
あれ、友達なのかな?二人の邪魔をしない様に少し離れようとする。その時にエリアスに捕まった。そしてぼくを持ち上げてエリアスの隣におろした。
「この人は、ユウ一応護衛っていう形できてもらっています。」
いや、ぼくの説明必要ある?とはいえ、挨拶しておくか。
「紹介にあずかりました、ユウ シンドウというものです。本日は、護衛ということでこのパーティーに参加いたしました。」
うん、多分こんな感じでいいだろう。
「わかりました。ユウ君ですね。何歳ですか?」
「15歳です。」
「えっ」
「15歳です。」
王女様は、驚いて、エリアスのほうを見る。
「えぇ、ユウは、15歳ですよ。今はちょっと事情があって」
「え、えっと、そうなりますと、ユウ君よりは、ユウさんって呼んだ方がいいですかね。」
どうやらぼくの呼び方はユウさんに、決まった様だ。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く