よくある?異世界物語

looc

よくある?王様との話・・・だから、よくあってたまるか。

「娘を助けてくれてありがとう。」
王様はいきなり、ぼくに頭を下げた。
「頭をあげてくださ、って王様がそう簡単に頭を下げるのはまずいのでは?」
「問題無い、ここには、俺達以外誰もこないからな、そんなことより、親として、娘の恩人には、ちゃんとお礼をしなきゃいけないだろ?」
「いえ、エリアスの友達のようでしたからね。それでしたら、守らなくては。」
「なるほどな。うん、気に入った。ところで、これは、王としてのはなしだが、今回のことに、報酬を出すつもりだが、何を望む?」
「いえ、特にのぞむものは・・・」
「ふむ、それもこまるからなー。どうするか?」
「お父様、でしたら、ユウさんに、爵位を与えるのが手っ取り早いのではないでしょうか?」
「なるほど、それが良いかもしれん。幸い、今回の事件でだいぶ貴族が減ったからな。」
「?どういうことですか?」
「ああ、君が寝ている間のことだがね、」
そうして事件の顛末を話し始めた。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く