よくある?異世界物語

looc

よくある?告白

王様たちが出ていったので、ぼくも部屋に戻る。まあ、自分では戻れないから、執事の人に運んでもらってだけどね。そんなぼくにリーフェ様と、エリアスがついてきた。って、エリアスも?なんか様子がおかしいけど。まあ、いいか。
そして部屋につき、ぼくはベットに寝かされた。一緒に来た二人のうち、エリアスがぼくのところへ来た。彼女は、顔を真っ赤にしながら、
「リーフェをお嫁さんにするんですよね。」
といった。
「う、うん。そ、そうだよ。」
な、なんだ、この謎の迫力は。
「で、では、わ、私もお嫁さんにしてください。」
「えっ、いや、さっき王妃様が正妻っていってたから、それは問題ないのか。
えっとリーフェ様?」
「エリアスなら、いいですわよ。あと、私もリーフェと呼んでください。」
「えっと、エリアスぼくでいいのか?」
「はい、ユウがいいんです。」
「二人とも、本当にいいんだね。・・・わかった。二人ともお嫁さんにもらうよ。・・・ぼくの体が治るまではむずかしいけどね。二人ともこれからよろしく。あと、これからは、リーフェって呼ぶね。」
「「はい」」
まさか、こんなことになるとはね。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ノベルバユーザー152835

    展開早い。読みにくい

    3
  • 夢ノ圀

    やっぱ展開が早すぎます

    4
コメントを書く