よくある?異世界物語

looc

よくある?旅行の計画

それからのぼくは、療養の日々だった。エリアスの他に、王宮の回復魔法師の方々も何人か来てくれて、回復魔法をかけてくれたが、なかなか治らない。そうして、二週間が過ぎた頃、事件の後処理が終わったようだ。
「それで、体の調子はどうだ?」
と、王様が聞いて来た。
「お久しぶりです。正直全然治っていません。もう少ししたら、なんとか、動けるくらいまでは回復すると思います。」
「そうか・・・ふむ、では、『英雄の湯』へと、いってみてはどうだ?少しは回復が早まるかもしれんぞ?」
「『英雄の湯』?」
「おや、『英雄の湯』を知らんのか?子供でも知っていると思ったが、・・・何か理由があるんだろ?今は聞かないでおく。今度話したいときに話せ。」
・・・するどいね。正直脳筋タイプの王かと思っててごめんなさい。
「まぁ、いい、『英雄の湯』とは、数々の英雄と呼ばれるもの達が、戦いの傷を癒すために訪れたとされている七つの温泉のことだ。神代には、最高神様も訪れたとかいううわさもあるくらいだ。なんでも、そこは、魔力濃度が高いようでな、その魔力がいい感じに作用して、体の治癒力を高めるらしい。」
「途中から、ずいぶんとざっくりしてますね。」
「ちゃんとした理論までは覚えていられるかよ。行くんだったら何人か騎士を同行させるぞ」
「いや、そこまでして頂くわけには・・・」
「そういうわけにもいかないだろ、マギアのところの娘は回復魔法師として連れていった方がいいだろ?そうしたら、俺の娘も一緒に行きたがるだろ?・・・なっ?」
「そ、そうですね。そうなると、甘えさせていただきます。まともに戦えませんし。」
「では、準備なんかもあるから、出発は、3日後な。二人には、自分で伝えとけ。」
そういうと、王様は部屋から出ていった。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • さえ

    展開は早過ぎるし、文は詰めすぎだし、この小説読みにくくなる要素多くねʬʬʬ

    0
コメントを書く