よくある?異世界物語

looc

よくある?馬車旅の一幕

ん、んっ。ふぁーあ、あれ、いつのまに寝ていたんだ?そして、目を開けると、リーフェと、目が合った。あ、あれ、も、もしかしてこれは、膝枕とかいうものですか?なんとなく気恥ずかしいですね。ま、とりあえず
「おはよう、リーフェ。」
「おはようございます、ユウさん」
「あれ、エリアスは?あと、いま、どれくらいの時間?」
「エリアスなら、そこで風を浴びていますよ。」
見ると、窓から顔を出しているエリアスの姿があった。
「それと、時間なら、そろそろ夕食といったころでしょうか。」
「ありがとうリーフェ、それから、エリアスおはよう。」
「んっ?あっ、起きたのねユウ。おはよう。そろそろ夜に備えるらしいわよ。」
と話していると、馬車が止まった。騎士の一人が代表して、
「これより、夜営の準備をします。しばらくお待ちください。」
と言ってきました。そして数分後、準備が完了したようなので、ぼくは、アイテムボックスから、料理を取り出して行きました。夕食を食べ終わると、見張りは、騎士の方達に任せて、ぼくたちは眠ることになりました。でもなんで、ぼくと、エリアスと、リーフェが同じテントなんでしょうか眠れるかなぁ?

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く