よくある?異世界物語

looc

よくある?微笑ましい姿

何回も転びそうになりながら、食堂に向かう。途中で、なんか、隠れながらぼくを見てほんわかしているメイドさんが結構いた。いや、見えてますよ。そんなに見るようなものですか?自分の今の状態を思い浮かべると、小さい子供が、お姉ちゃんと、手を繋いで歩いているって感じか。うん、見守ってしまうね、ほほえましく、少しはらはらしながら。うん、これ以上考えないようにしよう。なんか悲しくなってきた。
そして、ぼくは、食堂へ向かいテクテク歩いて行く。・・・いや、テクテクだと、可愛らしくなっちゃう。となると、トコトコ?いや、これもダメだ。じゃあなんてあらわせばいいんだ?なんて自問自答していると、いつのまにか、食堂に辿り着いていた。その時になってようやく、擬音を使わなければいいだけのはなしだって気づいた。まあ、別に口に出すわけじゃ無いから構わないといえば、構わないんだけど、ぼくの精神衛生上ね。
ま、いまはそんなことよりご飯です。早く席につきましょう。そろそろ立っているのも疲れてきましたし。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く