よくある?異世界物語

looc

よくある?神様についての話

「ユウくんの加護は・・・善と悪のものでした。」
「へっ?どういうこと?」
「さっき言った、現在悪の属性を持つ唯一の神様よ。善と悪を司る神様『神皇ルクス』様の加護ということですね。」
「『神皇ルクス』?どんな神様なんですか?正直見当がつかないんですけど。」
「『神皇ルクス』様は、この世界の最高神であり、かつて、この世界の全ての邪神を滅ぼした神様です。悪に属するスキルを7つその体に封印しているために、善と悪を司ることになったらしいです。」
「聞いた感じ、悪を司るというよりは、悪を管理すると行った感じだね。」
「そうですね。まあ、善と悪に関しては、あとから追加されたものなので、ほかに何か司るものがあるはずなんですよ。」
「へー、そうなんだ。んっ?神様は、最初から何かを司っているの?」
「はい、神様となった時から、何かを司る様になるらしいですよ。」
「神様になる?」
「あまりないことらしいですけど人が神になることもあるらしいですよ。」
「へえ、なら、神様になった時に、善悪を司る様になったんじゃないの?」
「いえ、ルクス様はもとから神様だった様です。」
「へーっ、もとから、神様として生まれるにはどういう条件があるの?」
「あくまで推測なんですが、親が神族どうしの場合、子供も神族になるのだと言われています。片親が神族の場合は半神になり、半神と、神族以外の者の子には、神族は、一人もいません。まあ、前例があまり無いので正しいかどうかはわかりませんけどね。」
「ふーん、話を戻すけど、一体何を司っているんだろうね?」
「さあ、宗教学者の謎の一つですから、私には、わかりません。いつか知れるといいですね。」

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く