よくある?異世界物語

looc

よくある?五つの謎

2人は、目覚めると、先ほどのサナさんと同じように僕に抱きついてきた。
「みんな、心配かけて本当にごめんね」

ようやく落ち着いてきた頃、サナさんが
「では、そろそろ話をしましょうか。」
「じゃあ、いくつか質問するよ。なぜ僕が生きているのか?なぜ、僕が元々の姿で生活できているのか?僕はどれくらい眠っていたか?神殿の人たちは無事か。結局僕たちが戦っていたのは何か?ってところかな?」
「わかりました、では、まず、今日は、ユウくんが倒れてから、3日しか経っていません。」
「ってことは、僕の怪我が治っているのは、治癒魔法っていうわけじゃないんだね。」
「はい、そうですね。1つめと、2つめの質問の答えになりますが、この神殿に保管されている『神薬』を使わせていただきました。」
「今まで使ってこなかったってことは、すごい珍しい物なんじゃないの?」
「そうですね、今では、製法が失われており、もう2本しか残っていませんね。」
「なんでそんなものの、使用が認められたの?」
「それは、5つ目の質問に関わってきますね。私たちが倒したのは、『悪魔族』と呼ばれていて、魔王の配下である・・・・・・・・と言われています。」
「・・・えっ、てことは、魔王が?」
「ええ、発生しているのでしょう。」
どういうことだ?魔王はいないんじゃなかったか?最近生まれたのか、それとも情報が間違っていたのか。うーん、これ以上は考えても仕方ないか。
「なるほど、でもそれが、僕にどう関わってくるの?」
「ユウくんごめんね、ユウくんのスキルをいくつか明かすことで、魔王と戦う上で、非常に大きな戦力になることを説明して・・・。勝手にスキルを教えちゃってごめんね。」
「いや、仕方ないよ。ありがとう。それに、全部は明かしていないんでしょ。じゃあ問題ないよ。」
そう言ってサナさんの頭を撫でると、若干涙目で、僕に抱きついてきた。
「じゃあ残った質問は、わたしがこたえるわね。」
と、エリアスが言うので、任せる。
「負傷者は多数いるけど、騎士団の動きが速かったのか幸いにも死者はいないらしいわよ。」
「そっか、良かった、ありがとう。・・・ところで、お腹が空いているんだけどそろそろご飯にしない?」
「まあ、3日も寝ていたんだから、当然よね。じゃあ行きましょうか。ユウ、歩ける?」
「うーん、少し難しいかな、小さくなっているから、運んでってくれる?」
「良いわよ。」
僕は、小さくなった。
そうして僕らは、食堂へ向かう。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

  • ペンギン

    あれ?戻ったと思ったらまた、小さくなったの?

    0
コメントを書く