よくある?異世界物語

looc

よくある?豆腐の話

ご飯を食べに行く途中にみかけた、メイドさんなんかは、みんな忙しそうに動いていた。
「みんな忙しそうだね。」
「そうですね、ユウさん。正確な数は知りませんけど、結構な数の怪我人が出たと聞きますからね。人手が足りないのかもしれませんね。」
「そうだね、できる限り邪魔にならないようにしようか。」
リーフェとそう話していると、食堂に着いた。僕達は椅子に座り、料理が来るのを待っていた。ここの料理は日本の料理って感じがするから好きなんだよね。メイドさんが料理を運んできました。忙しい中ごめんなさい。
「じゃあ食べようか、えっと、精霊の恵みに感謝を」
僕が言ってみました。そしてみんなと一緒に食べ始める。
「そういえば、この豆腐・・・でいいのかな?・・・豆腐ってこの国で作られてるの?」
「そうですよ、ユウくん」
「ってことは、豆とえっとなんだっけ、うーん・・・あっ、そうだ、にがりが、必要だよね。豆はともかく、にがりはどうしているの?確かこの国は海に面していないよね。商国あたりから、輸入しているのかな?」
「いえ、この近くに、塩湖があって、そこで、にがりを入手しているんですよ。なかなか綺麗なところですよ。」
「へえ〜、そうなんだ。じゃあ、今度みんなで行こうか。」
「いいですね。」「そうね」「行きましょう」
サナさん、エリアス、リーフェの3人がそれぞれ答える。
「とはいえ、まずは魔王をどうにかしなくちゃね。」
「無茶はしないでね、ユウ」
エリアスがそう言うが、僕は、みんなを守るためにまた無茶をするような、予感がして、素直にうなずくことができなかった。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く