よくある?異世界物語

looc

リーフェの魔法教室 その3

「では次に、他者の魔力を消費するものです。これは、主に、精霊魔法ですね。」
「精霊魔法?」
「精霊魔法とは、精霊と契約して、精霊に魔力を与える代わりに、その精霊の司る自然を操る魔法です。」
「普通の魔法とはどう変わってくるの?」
「魔力消費量が比較的少ないこと、自分の思い通りに魔法を操ることはできないけれど、指示されたことについては、普通の魔法とは比べ物にならないほどの精密さで魔法が行使されること、あとは、寝ている間も、魔法を操れることかな?」
「最後のは、どういうこと?」
「たとえば、普通の魔法で、結界を作ったとき、敵に結界を破壊されたら、起きて貼り直すしかないでしょう?ところが、精霊に結界が破壊されたら、貼り直すように指示しておけば勝手に使ってくれるってことですよ。
ただし、朝起きたら、魔力が全然回復してないなんてこともあるかもしれないですけどね。」
「確かにそれはちょっと困るよね。特に、旅とかしているときは。」
「そうですね。では、次の話に移っていいですか?」
「いいよ。次は何?」
「では次は、魔法の発動方法です。」
「えっ?さっきまでのも魔法の発動方法じゃないの?」
「ま、まあそうですけど、さっきまでのは、魔法の燃料についてだと考えてください。」
「まあ、わかったよ。ようは例えばあれかな?魔法陣とかそんな感じ?」
「はい、そうです。他には、詠唱、儀式、内包型、そして無詠唱があります。」
「色々あるんだね。」
「はい、ではまず、詠唱から、これは、私たちが普段使っているからわかりますよね。」
「うん、わかるよ。何か呪文を唱えて魔法を発動するんだよね。」
「はい、呪文によって、魔法の属性、種類、速さ、大きさ、威力などを変化させる補助を行なっています。」
「へえ、その補助がないのが無詠唱なんだね、どれくらい変わるの?」
「そうですね、一度試してみたことがあるんですけど、完全に詠唱で行うと、魔力をきちんと込めて詠唱を正しく行えば発動しますが、無詠唱ですと、色々な項目について、それぞれ式を立てる感じですかね。例えば、大きさはこれくらい、形はこう、威力はこれくらい、そうすると、魔力量はこれだけ必要で、魔力はこのような形にしなければならない。みたいな感じで、普通の魔法よりも時間がかかるんです。」
「じゃあ、詠唱と無詠唱の利点とかはどうなの?無詠唱にも何か利点があるんだよね。」
「はい、ではまず詠唱から、発動がたやすく、なおかつ事前の準備が入らないことです。それに対し、無詠唱は、どんな形にでもなるということが、一番の利点ですね。」
「?」
「つまり、詠唱ですと、その呪文通りの効果しか発揮しないので」
「なるほど」
「ただ、普通は、詠唱と無詠唱を並列して用いるんですけどね。」
「どういうこと?」
「例えば、魔法の威力をあげたいときなどに、魔法の威力や、魔力量に関する詠唱を飛ばし、そこを無詠唱で補うことで、といった感じですね。」
「ああ、たとえば、でっかい水球とかみたいなやつか。」
「そうです。それでも結構難しいんですけどね。」
そうなのか、みんなすごいんだね。

「よくある?異世界物語」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く