従妹に懐かれすぎてる件

きり抹茶

三月二十二日「従妹と事情聴取」

「支度なんかして……どこか出掛けるの?」
「あぁ、ちょっと用事があってな」

 朝食のトーストと目玉焼きを食べた後、俺は身支度を整えていた。
 用事……と言ってもサークルの仲間に顔を出すだけなのだが。

「ゆうにぃが買い物以外で外に出るなんて……明日雪でも降るのかな?」
「おい、人を引き籠もりのニートのように言うんじゃない」

 勘違いしないでほしいが、俺は外出頻度を必要最低限に抑えているだけだ。
 日差しを浴びると死ぬとかいうドラキュラのような奴等とは違い、効率を求めた結果である。

「で、どこへ行くの?」
「……蒲田のファミレス」
「地名言われても分かんないよ。ここから遠いの?」
「ん、まあまあかな」
「何分ぐらいかかる?」
「電車使って……三十分ぐらいだな」
「何線使うの? それと最寄りから何駅ぐらいある?」
「えっと多摩川で乗り換えて……ってどこまで聞くんだよ!?」

 なにこれ事情聴取?
 ってか付いて来る気じゃないだろうな……?

「誰と遊ぶの?」
「遊びじゃねぇよ。……サークルの仲間と打ち合わせをするんだ」
「ふーん、じゃあ誰が来るの?」
「誰って……名前言っても分からないだろ」
「そっか、なら何人来る? 全員男?」
「えっと確か今日会う奴等は……男二人に女一人……」
「女……!」

 ギロッと目の色が変わる彩音。
 何か急に怖くなったんだけど……。

「ほら、女って言ってもただの部長でさ。全然そんなやましい関係じゃないし……」
「ふぅーん、そう」

 彩音は溜め息をついて、イマイチ納得のいかない表情をしている。
 多分俺に嫉妬しているんだと思うのだが……女の子はこういう所に手間がかかるよな。

「夕飯までには帰ってくるから。悪いけど留守番頼むぞ」
「……はぁーい」

 やはり納得がいかないのか、返事はとても気だるかった。

「従妹に懐かれすぎてる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • ふなさん

    従妹と寝床w確かに語呂がいい。

    4
コメントを書く