従妹に懐かれすぎてる件

きり抹茶

三月二十一日「従妹とエプロン」

 買い物を済ませ、帰宅してから数時間が経った。

 オレンジ色の日差しが部屋を照らし始め、俺はベランダに干してあった洗濯物を取り込んでいると、彩音は満足げな顔をして手をポンっと一回叩いた。

「ゆうにぃ、今日は私張り切っちゃうからねっ!」

 言いながらキャリーバッグに手を突っ込み、白いナニかを取り出す。

「それは……エプロンか?」
「そう! お母さんに新妻の基本アイテムよって言われて買って貰ったの!」
「あぁなるほど……梨恵りえさんの仕業か……」

 梨恵さんとは彩音の母親、つまり俺の伯母にあたる人で昔から俺と彩音の仲を喜ばしく思っているのだ。
 俺が高校生の時の話だが、一度だけ「佑真君が彩音の旦那さんだったら安心なんだけどなあ」と言われた事もある。
 当時は何の冗談だよと聞き流していたが、今回の同居の件に梨恵さんが絡んでいたとすると、あながち嘘ではないのかもしれない。
 だとすれば、非常に恐い話になるな……。

「ねぇ、どうどう? 似合ってる?」

 手早くエプロン姿に着替えた彩音に声を掛けられる。
 一体どんな爆弾が来るのだろうとヒヤヒヤしていたが、見てみると意外にも素朴な造りをしたエプロンだった。
 白いレース生地で裾に申し訳程度のフリルがあしらった以外には特に目立つ要素は無い。
 なんだ、梨恵さんチョイスの割には中々無難じゃないか。やはり親として誠実になる所もあるんだな。

「似合ってるぞ。個人的に好きだ」
「本当に!? 嬉しい! ……あ、もしもしお母さん? ゆうにぃが私の事好きだって!」
「おい彩音! 何勝手に電話で報告してんだよ!?」

 しかも内容が捏造ねつぞうされてるし!
 俺が好きって言ったのはエプロンのデザインの事だよ!

「うんうん……え、もっと刺激的なのがあるって? ……分かった。お母さんがそう言うなら……やってみるよ」

 電話を切った彩音は不安そうな表情でトイレに駆け込んでいった。
 なんだか凄く嫌な予感がするが……。

 それから約五分後、トイレの扉が開かれて……

「どう……? ゆうにぃはこういうの……好き……かな?」
「なにっ…………!?」

 顔を真っ赤にして出てきた彩音の格好はエプロン一枚の姿。
 つまり衣服はおろか、下着まで脱いだ状態になっており……。

「刺激的かもだけど……これはちょっと恥ずかしすぎるよ……」

 両手を使って上と下をきっちりガードしている。
 まさか……レースだから透けているのか!?

 って興奮している場合じゃない。
 こんなおかしな状況を作り出した犯人は……。

「娘になんて格好させるんだあの馬鹿親は!!」

 俺はテーブルをドンと強く叩いて立ち上がる。
 もう決めたぞ! 地元へ帰ったら土下座をして謝らせてやる。
 そして母親としての自覚があんのかぁ! って言いつけてやろう。

「従妹に懐かれすぎてる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く