従妹に懐かれすぎてる件

きり抹茶

三月二十一日「従妹と買い物」

「よーし、飯でも買いに行ってくるか」

 最近はもっぱらコンビニ弁当で済ませてしまっている。一人暮らしだと自炊をしてもそこまで安上がりにならないしな。
 でももうこれからは違うんだよね……。

「ゆうにぃ、またコンビニに行くの?」
「あぁ、夕飯も一緒に買おうと思ってるが」
「むぅ、たまには料理しないと駄目だよ! 食生活が乱れるし」

 彩音は指を左右に振りながら俺に注意する。
 なんだか母親に世話を焼かされてるような気分だ。

「まあ確かに彩音もいるし、今日は何か作ってみるかー」
「ちょっと待ってゆうにぃ! 料理なら私に任せて!」

 煌めいた笑顔と共に答える。
 そういえば彩音って料理できたっけ?

「だから買い物一緒に行こ? ついでに近くのスーパーとか色々教えてよ」
「そうだな。じゃあ案内がてら行ってくるとするか」

 ウキウキの彩音を連れて外へ出る。



「東京都~特許~きょかきょーくぅー♪」
「なんだその変な歌は」

 くるくると回りながら俺の前を歩く彩音。
 まるで子供のようである。……まあ子供なんだが。

「ゆうにぃはご飯何食べたい?」
「そうだな……カレーとか?」
「うーん、却下」
「なにぃ!?」

 カレーは固形のルーさえ使えば簡単に作れるのだが……。

「じゃあ焼き魚」
「却下」
「すき焼き」
「却下ぁー」
「野菜炒め」
「きゃっかぁー!」
「何なら良いんだよ!?」

 果たして彩音に作る気はあるのだろうか。

「作る料理はもう決まってるからそれ以外は全部却下だよ!」
「じゃあ何で俺に食べたいもの聞いたんだよ」
「それは……ただ聞いてみただけ! なんかさ、夫婦みたいなやり取りでいい感じじゃん」
「なんじゃそりゃ……」

 分からないでもないが……。でもリクエストを聞いてくれると思って期待したのにな。

「ゆうにぃ、スーパーってここ?」

 彩音の指差す先、近所にあるお馴染みのスーパー『東友』が見えてきた。会話をしながら歩いていたため、あっという間に着いた感じがする。

「彩音、お菓子は二百円までだからな」
「むーっ、それいつの昔の話? もう私高校生になるんだよ?」
「そうか……なら三百円に上げるか」
「わーいっ! ……じゃないでしょ! 金額の問題じゃないのっ!」

 ぷくーっと頬を膨らまして怒る彩音。
 そんな姿も凄い可愛くて、俺はつい笑みをこぼしてしまう。

「もー、何がおかしいの!?」
「いやすまんすまん。なんか懐かしくなってな」

 お互い、身体は成長しても中身はさほど変わらない。
 昔のような他愛もない会話ができることに俺は素直に喜んでいた。

「従妹に懐かれすぎてる件」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

  • SIno

    めっちゃおもしろいです!! これからも頑張ってください!!

    2
コメントを書く